MENU

【徹底解説】社会保険って結局なに?その民間保険は本当に必要?

こんにちは、くらげパパ(くらげパパ_Twitter)です😊

今回は「社会保険って結局なに?民間保険は本当に必要なの?社会保険の保証内容は?」について解説します。

この記事は15分で読めます。

給与から社会保険料引かれているけど、
実際どんな時に保証してくれるのかわからない😥

働けなくなったらどうなるのかな?
どのくらいお金が出るのかな❓

結局のところ民間保険って必要なの❓

この記事はこんな人におすすめです。

この記事の結論
  • サラリーマン家庭の社会保険は手厚い補償が充実しています
  • 社会保険で足りない分、民間保険で補うことが大切
この記事でわかること
  • サラリーマン家庭で社会保険でどのような保証があるかわかります
  • 社会保険を理解すれば、将来の不安が減ります
  • 民間の生命保険の見直しに役立ちます

資産形成を始めようとする初心者が「結局何がを優先すればいいの?」と最初の一歩で挫折するケースが非常に多いです。

私は資産形成を始めて15年間で0円から5000万円を達成しました。しかしその15年間の間、何度も失敗を繰り返し、たくさん遠回りをしてきました。

そこでこの記事では、初心者でも資産形成ができるための第一歩『保険の見直し』のために必要な知識。社会保険について分かりやすく解説します。

皆さんサラリーマンは民間保険に入りすぎているケースが非常に多いです。
この記事を読めば、社会保険について理解でき、本当に必要な民間保険が分かります
「保険の見直し」ができて、準富裕層に近づけます!

くらげパパ

では、いってみよう!

スポンサーリンク
目次

民間保険と社会保険の違い

『社会保険』とは国が運営する保険

保険とは万が一の時のためにみんなでお金を出し合い、何かあった時はそこからお金をもらう制度
これを「相互扶助」と言います。

相互扶助の仕組みには、おもに国が運営するものと民間企業(保険会社)が運営するものがあります。
国が運営する保険を「社会保険(公的保険)」と言います。
保険会社が運営する保険を「民間保険(私的保険)」といいます。

皆さんサラリーマンが加入している社会保険は5種類です
『健康保険』、『年金』、『介護保険』、『労災保険』、『雇用保険』です。

健康保険

国民皆保険と言われる健康保険の役割は、病気やケガによる医療費の本人負担を軽減することです。病院で診療を受ける時に健康保険証を提示して受診しますが、実際にかかった医療費の3 割などの自己負担で済むのは社会保険があるからです。

年金

年金の役割は3つあります。老後に受け取る老齢年金、病気やケガにより身体や精神に障害が残った場合に支給される障害年金、死亡した場合に遺族へ支給される遺族年金があります

介護保険

介護保険の役割は介護費用負担の軽減です。働き方に関係なく、40歳以上の全国民が対象となります。
40歳になると加入している健康保険から保険料が徴収され特定の介護状態となった場合に給付を受けることができます。

労災保険

労災保険の役割は仕事中や通勤中に事故や災害などに巻き込まれた場合の補償です。
対象は事業主からお給料をもらって働いている人で、パート・アルバイトを含み、保険料は事業主が全額負担しています。

雇用保険

雇用保険の役割は、働いている人の雇用安定や促進です。
例えば失業した時に一定期間の失業給付や、育児休業や介護休業をしながら雇用継続するための給付などがあります。保険料は会社と被保険者の両方が負担しています。

社会保険とは『健康保険』、『年金』、『介護保険』、『労災保険』、『雇用保険』

『民間保険』とは自分の判断で加入する保険

私的な契約に基づく保険で、社会医療保険では賄えない費用や、医療費の自己負担分の支払いを補助することなどを目的として、自分の判断で加入する保険のことです。

民間保険は3分野(生命保険、損害保険、医療・ガン保険)に分かれています。

民間保険
出典:コの保険!

民間保険は3種類 『生命保険』、『損害保険』、『医療保険』

社会保険ってどんな種類があるの?

広い意味での社会保険をまとめるとこんな感じになります。

社会保険(広義)
社会保険(狭義)
医療保険
健康保険

会社員やその家族

  • 療養の給付、家族療養費
  • 高額療養費
  • 出産育児一時金、家族出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 傷病手当金
  • 埋葬料、家族埋葬料
国民健康保険

自営業者や未就職者

  • 療養の給付、家族療養費
  • 高額療養費
  • 出産育児一時金、家族出産育児一時金
  • 埋葬料、家族埋葬料
後期高齢者医療制度

75歳以上の人

介護保険

40歳以上の人

年金保険
第1号被保険者、第3号被保険者

自営業者や会社員の妻

国民年金
  • 老齢基礎年金
  • 生涯基礎年金
  • 遺族基礎年金
第2号被保険者

会社員


国民年金
  • 老齢基礎年金
  • 障害基礎年金
  • 遺族基礎年金
厚生年金
  • 老齢厚生年金
  • 障害厚生年金
  • 遺族厚生年金
労働保険
労災保険
  • 療養補償給付
  • 休業補償給付
  • 傷病保障給付
  • 障害補償給付
  • 介護保障給付
  • 遺族補償給付
  • 葬祭料
雇用保険
  • 失業保険(基本給付)
  • 就職促進給付
  • 教育訓練給付
  • 雇用継続給付(高年齢雇用継続給付、介護休業給付
  • 育児休業給付

多すぎて難しいよ…

つまり、サラリーマンの社会保険ではこんなに多くの保険によって守られています。
こここで、すべて覚える必要はありません。
今回はその中でも重要な制度について厳選して解説します。

その前に第1号被保険者って何かわからないな

第1号被保険者、第2号被保険者、第3号被保険者ってなに?

第1号被保険者第2号被保険者第3号被保険者
個人事業主・自営業者、農業・漁業などに従事する方、学生、フリーター、無職の方厚生年金の適用を受けている事業所に勤務する会社員や公務員第2号被保険者に扶養されている配偶者
例:自営業者例:サラリーマン例:専業主婦

つまり、サラリーマンの方第2号被保険者です。
専業主婦の方は第3号被保険者です。

サラリーマンは第2号被保険者に該当

社会保険をわかりやすく解説!
サラリーマン家族が知っててほしい社会保険12選

社会保険って、多すぎてすべて理解できないよ…

そんな方に「サラリーマン家族が知っててほしい社会保険」を厳選して12選を紹介します。

皆さんサラリーマン家庭の社会保証は非常に手厚いです。
知ってさえいれば今では簡単にネットで調べることもできます。
でも、知らないと損をしてしまいます。

ここでは、制度の存在を知るための記事です。
記事ではわかりやすく説明するために省略している部分がありますがご了承ください。

  • 療養の給付、家族療養費
  • 後期高齢者医療制度
  • 高額療養費
  • 傷病手当金
  • 介護保険
  • 老齢基礎年金・老齢厚生年金
  • 障害基礎年金障害厚生年金
  • 遺族基礎年金遺族厚生年金
  • 労災保険(休業補償給付)
  • 失業保険(基本給付)
  • 雇用継続給付(介護休業給付)
  • 育児休業給付

療養の給付、家族療養費

医療費3割負担ってどんな制度?

家族(被扶養者)が病気やけがをしたときは、被保険者と同じように、健康保険を扱っている病院に被保険者証を提示すれば、必要な医療が治るまで受けられます。
これを家族療養費といいます。

一般的にいう医療費3割負担はこの制度です。

医療費の自己負担割合
  • 小学校入学まで:医療費の2割負担
  • 70歳まで:医療費の3割負担
  • 75歳まで:医療費の2割負担 ※

※75歳まで:は現役並みの所得者は3割負担となります

医療費は基本3割負担小学校入学までと70~75歳が2割負担と覚えればいいのね💡

医療費負担は基本3割負担、70~75歳は2割負担

後期高齢者医療制度

75歳からは医療費はどうなるの?

75歳以上の方は後期高齢者医療制度の対象となります。
後期高齢者医療制度は、75歳以上の方が加入する独立した医療制度です

75歳以上でなくても、65歳から75歳未満で障害認定を受けた人も対象

医療費の自己負担割合
  • 75歳から:医療費の1割負担 ※

※75歳から:は現役並みの所得者は3割負担となります

75歳からは医療費は1割負担でいいんだ💡

75歳からは医療費1割負担

高額療養費

今月は交通事故して働けないし…
手術したからお金かかりそうだ…

高額療養費制度とは医療費の家計負担が重くならないよう、医療機関や薬局の窓口で支払う医療費が1か月で上限額を超えた場合、その超えた額を支給する制度です。

出典:保険相談ニアエル

所得区分については「約370~770万円」の家庭が多いのではないでしょうか。

要するに医療費が月に100万円かかっても、実質10万円程度しか出費しません
一時的には病院で3割負担(30万円程度)しなければなりませんが、約20万円は後から返金されます

月の医療費って高くても10万円でいいんだ💡

高額療養費制度で医療費は高くても月に約10万円でOK

傷病手当金

がん治療で長期で働けなくなったら、収入はどうなるの?

傷病手当金は、病気休業中に被保険者とその家族の生活を保障するために設けられた制度です。
業務外の病気やけがのために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給されます。
業務を直接の原因とする病気やケガは労災保険の対象です。

会社を3日以上続けて休み、給料が支給されない場合に、4日目から最長1年6か月支給

要するに、長期の病気でで働けなくなると最長で1年6か月、給料の2/3支給されると覚えておきましょう。

支給額

1日当たりの支給額 = 過去12か月の給料の平均 ÷ 30日 × 2/3 

過去12か月の給料の平均とは標準報酬月額の平均ことです

✅標準報酬月額について知りたい方はこちらの記事
【徹底解説】夫はサラリーマン妻は専業主婦で世帯の年金受給額は?

がんで働けなくなったら給料の2/31年6か月もらえるんだ💡

業務外の病気やけがで働けなくなったら、給料の2/3を1年6か月支給

介護保険

65歳以上になって介護が必要になったらどのくらい補助があるの?

私たちは40歳になると、被保険者として介護保険に加入します。

介護保険とは、65歳以上の方は市区町村(保険者)が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、
自己負担額:1割でいつでもサービスを受けることができる制度です。

受給者
  • 要介護者、要支援者が対象
要介護者、要支援者

要介護者、要支援者は程度に応じて支給上限額があります。

要介護度支給限度額(円/月)
要支援150,320円
要支援2105,310円
要介護1167,650円
要介護2197,050円
要介護3270,480円
要介護4309,380円
要介護5362,170円

介護保険料は40歳から一生払い続け、納付義務が続くように、公的介護サービスも一生涯受けられます

65歳以上の人は「合計所得160万円以上(年金収入と合わせて280万円)は2割負担」
「合計所得が220万円以上(年金収入と合わせて340万円)は3割負担となります」

65歳をすぎたら介護サービスを1割負担で一生涯受けられるんだ💡

65歳を過ぎての介護サービスは負担1割

老齢基礎年金・老齢厚生年金

65歳から年金はいくらもらえるの?

皆さんサラリーマンは国民年金の「老齢基礎年金」と厚生年金保険の「老齢厚生年金」が支給されます。
専業主婦の方は「老齢基礎年金」と会社に勤めていた期間分の厚生年金保険の「老齢厚生年金」が支給されます。

例として60歳まで企業で働いた場合
夫:平均年収500万円、妻:専業主婦の世帯では世帯年金は約270万円/年受給されます。

もっと、詳しく知りたい方はこちらを参照ください。

✅年金の把握はこの記事
【徹底解説】夫はサラリーマン妻は専業主婦で世帯の年金受給額は?

✅年金の不安解消方法はこの記事
【徹底解説】退職までに貯金いくら必要?年金の不安の解消方法

平均年収500万円世帯で60歳まで働いたら
年間約270万円もらえるんだね💡

夫:平均年収500万円、妻:専業主婦の世帯では世帯年金は年間約270万円

障害基礎年金障害厚生年金

もし、病気やけがでずっと障害が残ってしまったらどうなるの?

「障害基礎年金障害厚生年金」とは、病気やけがによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。

皆さんサラリーマンは障害基礎年金障害厚生年の両方を受け取ることができます。

受給者
  • 障害基礎年金・障害厚生年金の被保険者である間に、障害の原因となった病気やけがの初診日があること
  • 障害の状態が、障害認定日に、障害等級表に定める1級から3級のいずれかに該当していること
  • 初診日の前日に、初診日がある月の前々月までの被保険者期間で、国民年金の保険料納付済期間が2/3以上あること
計算方法
出典:NPO法人 障害年金支援ネットーク

計算がむずかしいよ

そんな方のためにおおよその受取額早見表を用意しました。
下記は、おおよその目安として参考にしください。

受取額の目安
出典:NPO法人 障害年金支援ネットワーク

子供がいて夫が重度の障害になったら、
年間約200万円程度支給されるんだね💡

夫が重度の障害になったら、年間約200万円程度支給

遺族基礎年金遺族厚生年金

夫が死亡したら私と子供の生活はどうなるの?

皆さんサラリーマンが死亡したとき妻は子供が18歳になるまで
遺族基礎年金遺族厚生年金の両方を受け取ることができます。

子供が18歳以降は、遺族基礎年金は中高齢寡婦加算になります。
遺族厚生年金は終身で受け取れます。

遺族厚生年金の計算は非常に複雑です。
ここでは正確な金額を算出する必要はないので添付の早見表を参照ください。

サラリーマンの夫が死亡したケース
  • 子供が18歳になるまで:妻は「遺族基礎年金」・「遺族厚生年金」を受給
  • 子供が18歳以降:妻は「中高齢寡婦加算」・「遺族厚生年金」を受給
  • 妻が65歳到達後:妻は「老齢基礎年金」・「遺族厚生年金」を受給
出典:税理士法人レガシィ
受給額早見表
出典:オリックス生命保険

遺族厚生年金は勤続年数が短い状態(25年未満)で死亡した場合には、
25年働いたものとみなして年金額を計算します。

また、遺族年金は「公式:遺族年金・妻の老齢年金の計算シート」で計算することも可能です
もっと、詳細に計算したい方は試してみてはいかがでしょうか。

子供が18歳までは14.8万円支給されるのね💡

夫がサラリーマンで死亡。平均報酬月額35万円の場合の妻の受給額
子供が18歳になるまで約14.8万円 ➡ 子供が18歳以降9.5万円 ➡ 妻が65歳到達後11.1万円

ところで反対に
妻が死亡したらどうなるんだ?

専業主婦が死亡したときは夫は遺族基礎年金を受け取ることができます。

専業主婦の妻が死亡したケース
  • 子供が18歳になるまで:夫は「遺族基礎年金」を受給
受給額早見表
出典:オリックス生命保険

子供が18歳までは14.8万円支給されるんだ💡

夫がサラリーマンで平均報酬月額35万円の場合の夫の受給額
子供が18歳になるまで約14.8万円 ➡ 子供が18歳以降は支給無し ➡ 夫が65歳到達後6.4万円

労災保険(休業補償給付

仕事のケガが原因で休業になったらどうなる?

業務上や通勤途上における労働者の病気、ケガ、障害、死亡等に対して給付が行われる制度です。

受給者
  • 全ての労働者(アルバイト、パートタイマーも含む)

休業した場合は「休業補償給付」の対象となります。

「休業補償給付」とは労災で働けない期間の生活の安定を図るためのもので、業務が原因で負傷や病気になり賃金を受け取れない期間に保険給付が行われます。

受給額
  • 休業4日目から 給付基礎日額の60% 
  • 受給は最長でも1年6カ月間

仕事のケガが原因で休業したら
給料の60%が1年6か月支給されるんだな💡

他にも労災保険には次ような種類の保険があります。
ここでは詳しく説明しませんが、
つまり、仕事中に起きた病気やケガであれば事業主からの補償は手厚くなっています

労災保険
  • 療養補償給付
  • 休業補償給付
  • 傷病保障給付
  • 障害補償給付
  • 介護保障給付
  • 遺族補償給付
  • 葬祭料

業務上や通勤途上における労働者の病気、ケガで休業したらは給料の60%が最大1年6か月まで支給

失業保険(基本給付)

仕事辞めたい…
生活はどうなるんだ?

失業保険は、労働者が失業した場合などに必要な給付を行ったり、再就職を支援する制度です。

自己都合で退職したか、会社都合で退職したかで給付日数が大きく異なります。
離職前の6か月間に支払われた賃金総額で支給額が異なります。

受給日数早見表
出典:Lega-Life-Lab
受給日数のポイント
  • 最低90日間受給可能
  • 自己都合であれば最長150日
  • 会社都合であれば最長330日

希望退職制度は、事業主の都合による離職のため、原則「会社都合退職」として扱われます

希望退職は会社都合なんだ。
330日間支給は嬉しいな💡

受給額日額

離職前の6か月間に支払われた賃金総額 ÷ 180日) の給付率45%~80%

給付率
出典:ジョブメドレー

こちらの「雇用保険の給付額(失業給付金)の計算計算機」使ったら計算が早いですね。

仕事辞めても
90日~330日間分は給料の45%は支給されるんだ💡

仕事辞めた場合は90日~330日間、給料の45%~80%は支給

雇用継続給付(介護休業給付)

妻の介護が必要になったら
生活はどうなる?

介護休業給付とは家族を介護するために休業した場合で、一定の条件を満たしたときに支給される制度です。

給付額

給付額(※1) = 休業開始時賃金日額(※2)× 支給日数 × 67%

(※1) 給付額には上限があります
(※2) 休業開始時賃金日額は、原則として、介護休業開始前6か月間の総支給額を180で除した額

平均して月額30万円程度の場合、支給額は月額20.1万円程度になります

支給期間

介護休業は、要介護者の対象家族が1人の場合、通算で最大93日間まで休業が取得可能です

妻の介護に専念しても
3か月間は給料の67%は支給されるんだ💡

介護に専念して休業した場合でも3か月間は給料の67%は支給

育児休業給付

子供が生まれたらどのくらいの期間休めるの?

育児休業給付とは満1歳未満の子。を養育するために育児休業を取得した場合に休業前賃金の67%相当が支給されます。

✅育児休業給付について詳しく知りたい方ははこちらの記事
【徹底解説】男性の育児休業はいつから?育児休業給付金はいくら?

子供が生まれて休業しても
半年間は給料の67%支給されるんだ💡

子供が生まれて休業しても半年間は給料の67%支給

まとめ

今回は、「社会保険って結局なに?民間保険は本当に必要なの?社会保険の保証内容は? 」について解説しました。

この記事の結論
  • サラリーマン家庭の社会保険は手厚い補償が充実しています
  • 社会保険で足りない分、民間保険で補うことが大切

皆さんサラリーマン家庭は多くの手厚い保険で守られています
私は社会保険で足りないところを、民間保険で補うことが重要と考えています。

保険は確率は低いけど起こったら生活が困る場合に最低限かけるものです。
今皆さんはこんなに手厚い保険にすでに加入しています。

これらの知識!知っていないと損をします!

この制度を十分に理解して民間保険に足りない分加入しましょう。

社会保険の支給は時間がかかることがあります。
生活防衛資金を貯めてしっかり対策しておきましょう。

✅今の生命保険を見直したい方はこちらの記事
【保険】生命保険夫婦でいくら必要?保険を定期、掛け捨て、最低限にする理由

✅生活防衛資金について詳しく知りたい方はこの記事がおすすめ
【必見】証券口座と銀行口座おすすめの組み合わせ!手数料と金利について解説

✅火災保険の見直しを検討している方はこちらの記事
「【徹底解説】マンションの火災保険の選び方!地震保険はいらない理由を解説

皆さんのより良い資産形成を応援しています。

~皆様の暮らしが少しでも良くなりますように~

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次