MENU

【徹底解説】男性の育児休業はいつから?育児休業給付金はいくら?

こんにちは、くらげパパ(くらげパパ_Twitter)です😊

今回は「男性の育児休業はいつから?育児休業給付金はいくら? 」について解説します。

この記事は7分で読めます。

育児休業取得したいけどよくわからないな
でも、みんな取得していないし…😥

妻が専業主婦だけど育児休業と取得できるの?

育児休業は知っているけど、どんなシステムだろう…😥

この記事はこんな人におすすめです。

この記事の結論
  • 男性は出産予定日 or 出生日から取得可能
  • 育児休業給付金は6か月間は給料の2/3、6~12か月は給料の1/2
  • 自分のライフプランにあっていると思う方は、取得をオススメます
この記事でわかること
  • 育児休業の制度について解説します
  • 育児休業を所得したら給付金は「いつから」「どのくらい」もらえるか分かります
  • 育児休業取得で注意することが分かります

男性の育児休業について「結局、育児休業給付金っていくらもらえるの?」「男性は取得して取得していない人が多いけど取得してもいいの?」と十分に育児休業を理解していないケースが非常に多いです。

私は妻が専業主婦で育児休業を8か月取得しました。
そこでこの記事では、この8か月で学んだ育児休業の知識を誰でもわかりやすいように解説します。

この記事でを読めば、男性で初めて育児休業を取得する方でも安心して長期取得が可能です

くらげパパ

では、行ってみよう!

スポンサーリンク
目次

「育児休暇」ってどんな制度?「育児休業」との違い

育児休業を取得する男性が少しづつ増えてきていますね。
推進している企業も増えてきています。

一般に「育休」という略称を使う場合、「育児休業」の方を指します。

「育児休暇」を導入している企業は増加しているものの、まだ一般的ではないのが現状です。

育児休業取得率

女性 : 83.0% (平成 30 年度 82.2%)
男性 : 7.48% (平成 30 年度 6.16%)

くらげパパ

まだまだ男性は取得率が低いね…

くらげパパ

育児休暇育児休業を混同されることも多いけど、違いを説明します

育児休暇とは?

従業員の育児のために設置された休暇のことで企業別の社内制度
企業独自の制度なので事業主が個別にルールを定める

育児休暇とは企業独自の制度

育児休業とは?

国が法律で定めた「労働者の権利」
条件を満たす被雇用者が就業先に関係なく取得できる公的制度

大切なのでもう一回言います

事業主ではなく国が法律で定めた「労働者の権利」です

育児休業とは国が法律で定めた「労働者の権利」

育児休業の取得条件

育児休業の取得条件
  • 子どもが1歳未満(最長で2歳未満)であること
  • 1歳に満たない子を養育する男女従業員

「従業員」は必ずしも正社員である必要はありません。詳しくはお近くのハローワークへ確認ください。

育児休業は子どもが1歳未満であれば取得可能

男性の育児休業はいつから?

労働者は、1か月前までに書面で申し出ることが必要です。

女性の場合は産休の終了後からですが、男性は出産予定日 or 出生日から取得可能です。

どちらか早い方から育児休業が取得できます。
特に長期期間の取得は、できれば上司への連絡は早い方がいいです。

妊娠の安定期(妊娠5ヵ月)を一つの目安とするといいでしょう。
私の場合は6か月前に連絡したら、気持ちよく返事をいただきました。

安定期の意味と時期

妊娠の安定期は妊娠5ヵ月(妊娠16週)を迎えた頃を指しますが、実は医学用語ではありません。
妊娠5ヵ月頃になると初期流産のリスクが減り、つわりが治まり始める人も多い事から安定期と呼ばれているようです。

男性の育児休業男性は「出産予定日」 or 「出生日」から取得可能

育児休業の月またぎ短期取得について

月またぎの取得は社会保険料の免除なの?

ここで重要なのは「休暇期間中の社会保険料の免除」です。

結論2022年10月までは、月またぎの取得は社会保険料の免除。と言うことになります。

こちらは、2022年10月からは法改正されます。

たとえば、2022年10月以前は
取得期間にかかわらず、月をまたいで育児休業を取得すると1か月分社会保険料の免除でした

しかし、2022年10月からは
「同月内に14日以上の育児休業等を取得した場合には当該月の保険料を免除」となります。

2022年10月からは、「月またぎでの取得」は社会保険料面では関係はない
「14日以上は保険料免除」、「14日未満は保険料免除されない」に変更

賞与(ボーナス)の月末に短期で取得するとおトクなの?

残念ながら2022年10月以降、ボーナスの社会保険料免除については1か月を超える育休取得が必須となります。
今までは、短期取得で賞与月の月末に1日でも育休を取得すると「賞与の社会保険料が免除」されていました。

残念ながら短期取得では今後、使えそうにありません

2022年10月からは、賞与(ボーナス)の「月末に短期取得」は会保険料面では関係はない
賞与(ボーナス)の社会保険料が免除には1か月以上の育児休暇取得が必要

育児休業時のキャッシュフロー

結局いつから?
どのくらいの給付金がもらえるの?

くらげパパ

これからは給付金のキャシュフローについて解説します

「育児休業給付金」はいつもらえるの

申請方法は2種類あります。

勤務先に任せる or 自分でハローワークへ申請 です。

私の場合(勤務先に任せる)は最初の支給は育児休業開始から6か月後でした。

2回目は前回の支給日から約2ヶ月後です。
自分で申請する場合は、申請を1ヶ月に一度行うことも可能です。

詳細はハローワークへ確認しておきましょう。

最初の支給が6か月後ということはそれまでは貯金で生活しなければなりません。
6か月分の生活防衛資金は必要です。

✅生活防衛資金の計算方法はこちらの記事
【初心者必見】お金が貯まる家計簿のつけ方!無料で簡単アプリを解説

勤務先に任せている場合は育児休業開始から6か月後に入金

「育児休業給付金」はいくら?

育児休業給付金が雇用保険(国)から支給されます。

その額はズバリ、6か月間は給料の2/3です。

その後、6~12か月は給料の1/2です。

そのあとはの国からの補助はなくなりますが、育児休業は可能です。
場合によっては、会社からの支給があることがあります。
1年以上取得(Max2年)を考えている方は、社内制度を確認しておきましょう。

上記でわかる通り、共働きの場合は女性が6か月取得。
その後、男性が6か月取得すれば給付金の割合は一番多いです。

自分のライフスタイルに合った選択をしましょう。

社会保険料は免除されますが、住民税は支払う必要があるので注意しましょう

6か月間は給料の2/3、6~12か月は給料の1/2が支給

「育児休業給付金」計算例

くらげパパ

育児休業開始前6カ月間の平均賃金月額が21万円の場合いくら給付金がもらえるか計算しよう

6カ月間の平均賃金月額が21万円の場合
  • 育児休業の開始から6カ月目まで:月額14.07万円
  • 7カ月目以降:月額10.5万円

上記の金額は、育児休業期間に賃金が支払われていない場合の支給額になります。

なお、支給額には上限があり、6カ月目までは305,721円7カ月目以降は228,150円となっています。
過去、6カ月間の平均賃金が45万円以上の方は上限に抵触すると考えましょう。

「平均賃金月額」とは賞与は含まない
手当等の月額は含む、月額の総支給で考える

賞与(ボーナス)について

原則として会社に在籍している従業員にはボーナスは支給されます。
ただし、「もらう資格がある=満額支給される」ではないため注意が必要です。

就業規則に明記されているはずですので、内容をよく確認しておきましょう。
私の企業も最低でも1か月分の支給でした。

賞与(ボーナス)は自分の企業の就業規則をよく確認しておこう

まとめ

今回は、「男性の育児休業はいつから?育児休業給付金はいくら? 」について解説しました。

この記事の結論
  • 男性は出産予定日 or 出生日から取得可能
  • 育児休業給付金は6か月間は給料の2/3、6~12か月は給料の1/2
  • 自分のライフプランにあっていると思う方は、取得をオススメます

長期で育児休業を取得する場合、給付金があるとはいえすぐに給付されません。
生活防衛費を貯めて、備えておきましょう

今では、夫婦で共働きの家庭が普通の時代です。

上司がなんと言おうが関係ありません!

育児休業は「権利」です。

取得したい人は権利を主張する!
まずは行動です。
自分で決断し今からハローワークへ行きましょう。

✅社会保険について詳しく知りたい方はこちらの記事
【徹底解説】社会保険って結局なに?民間保険は本当に必要?公的保険の内容は?

~皆様の暮らしが少しでも良くなりますように!~

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次