MENU

【初心者必見】お金が貯まる家計簿のつけ方!無料で簡単アプリを解説

こんにちは、くらげパパ(くらげパパ_Twitter)です😊

今回は「【初心者必見】お金が貯まる家計簿のつけ方!無料で簡単アプリ 」について解説します。

この記事は6分で読めます。

お金が貯まらない…
でも、家計簿って続かない…

毎月いくら使っているかわからない…

そもそも何を把握するかわからない…

この記事はこんな人におすすめです

この記事の結論
  • マネーフォワードMEを利用して簡単に家計簿をつけることができます。
  • 生活費を把握すれば固定費の見直しに役立ちお金が貯まります。
この記事でわかること
  • マネーフォワードMEでの家計簿つけ方が分かります
  • 生活費が分かれば、将来いくら資産が必要か計算可能です

家計簿をつける目的を理解していない人が非常に多いです。
私は、独身の頃から家計簿をつけてきて資産5000万円を達成しました。

そこでこの記事では、だれでも簡単に家計簿が付けることができるように「私独自のの家計簿の付け方」を紹介します。

この記事を読めば「お金が貯まる家計簿のつけ方」がわかります

くらげパパ

では、行ってみよう!

スポンサーリンク
目次

お金が貯まる家計簿のつけ方と目的!

ここでは、私の家計簿の定義を紹介します。
家計簿の目的は資産を増やすため収支の把握です

ここでの支出とは生活費のことです。
収入とは給料、賞与、子供手当に限定します。

家計簿では投資での収入は含めません

ここで、家計簿のメリットを紹介します

メリット

貯蓄につながる

  • 支出を分析できるため無駄使いを防止でき、結果貯蓄につながる
  • 家計が黒字か赤字か確認できる

お金に対する不安が減る

  • 自分が働けなくなったときに貯蓄が〇〇円で何か月過ごせるかわかる
  • 自分が働けなくなったときに保険がいくら必要か確認できる
  • 老後に年金が本当に十分か確認できる

貯蓄するには家計簿が必要なのね。

でもやっぱり、手間よね…

くらげパパ

簡単に家計簿をつけることができるアプリを紹介するよ

無料で簡単アプリ・マネーフォワードME設定方法

私も使っているおすすめアプリがマネーフォワードMEです。
アプリをダウンロードして銀行やクレジットカード連携するだけです。

収支のグラフが作成され、簡単に家計簿が作れます。
しかも、アプリは無料で使用できます

無料ではデメリットもありますが、十分使用できます。

無料プランでのデメリット
  • データ閲覧可能期間が過去1年分まで
  • 連携可能数が10個まで
  • 連携口座の自動更新頻度が低い

「マネーフォワード ME」では、インターネット上の口座と連携してデータを自動取得いたします
そのため、個々の銀行やカード会社にてインターネット上の口座が必要です

マネーフォワード ME 申し込み

\ 無料で使える! /

設定方法

STEP
アプリをダウンロード

まずはアプリをダウンロードします

STEP
銀行やクレジットカード連携

生活費が引落されている口座を連携します
生活費で使用しているクレジットカードを連携します

生活費で使用している口座のみでOK

目的は生活費の把握なので貯金用口座は連携不要です
証券口座も連携不要です

STEP
Amazon・楽天カードも連携

Amazonと楽天を利用している人も多いと思います
ついでに連携しておきます

Amazonと楽天は非常におすすめのショッピングサイトです
まだ、登録していない方は登録しておきましょう

\ 今なら5000ポイントもらえる! /

\  30日間無料 /

STEP
自動で集計

勝手に集計してグラフ化してくれます。

初期設定が終了です。
ここからオリジナルの家計簿を作っていきます。

くらげパパ

ここからは、オリジナルの家計簿の付け方を紹介します

マネーフォワードMEおすすめの使い方

私独自の方法で家計簿をつけるとこうなります。

項目が少なくない?

くらげパパ

ここから、私の独自の家計簿を紹介します

支出の管理

生活費は多きく分けて固定費と変動費に分けられます。
私は 教育交際費 に分けて管理します。

ここでポイントは固定費はすべてに含めます
家庭のインフラ等、生きていくには最低限必要なお金をとします。

後から、この固定費を優先して見直します。

生活費
固定費

変動しない支出のことを指します。
毎月の固定費を少しでも抑えることができれば、効果的に支出を削減できます。

住(住宅)
  • 住宅ローン
  • 管理費・積立金
  • 固定資産税
  • 光熱費
  • 通信費
  • 保険
  • ガソリン代
  • 駐車料代
  • Amaznプライム等のサブスク
変動費

変動費とはその名の通り変動する支出であるため、予測ができないものです
「交際費」「医療費」など予定外の出費でコントロールしにくいもの

食(食費)
  • 食費
衣(日用品)
  • 日用雑貨
  • ドラッグストア
  • 衣服、靴、カバン
  • コンタクト、メガネ代
教育
  • 幼稚園教育費
  • 幼稚園食費
交際費
  • 家族小遣い
  • 医療費
  • 家族旅行
  • その他

マネーフォワードMEは電子管理です。現金払いをしている方はクレジットカード決済に変更しましょう。

収入の管理

収入は 給与、賞与、子供手当です。
ここでは、配当金などの投資からの収入は含めません。

生活の収入支出のバランスを把握することが目的です。

✅資産の管理について詳しく知りたい方はこちらの記事
【重要】純資産をわかりやすく解説!資産形成で純資産の赤字は危険信号

生活費の平均を知っておこう

変動費は浪費です。

変動費を節約すると人生の満足度が大きく低下します。
変動費の節約は、ほどほどにすることをお勧めします。

2021年2月5日に総務省が公表した「公式:家計調査(家計収支編)2020年 平均」によると、
5人家族の1ヶ月の生活費は約30万円(家賃除く)でした。

支出の平均値を理解しておくことは重要でしょう。

出典:総務省

生活防衛資金を計算しよう

生活防衛資金の計算方法

✅生活防衛資金についてわからない方はこちらの記事
【必見】証券口座と銀行口座おすすめの組み合わせ!手数料と金利について解説

マネーフォワードを利用して生活費の把握ができました。
生活防衛資金は各家庭によって異なります。

一般的には生活防衛資金は生活費の3ヶ月〜半年分(場合によっては1年分)が目安と言われています

生活防衛資金の目安
  • 独身や一人暮らしの場合:60万円
  • 夫婦二人暮らしの場合:100万円
  • 子供がいる夫婦の場合:200万円

自分の家庭で生活防衛資金がいくらになるか計算しておきましょう

1か月の生活費が30万円で「子供がいる夫婦の場合」であれば、
30万円 × 6か月 = 180万円 ですね。

自分の家庭でいくら必要か確認しておくことが大切です。

まとめ

今回は「【初心者必見】お金が貯まる家計簿のつけ方!無料で簡単アプリを解説」について紹介しました。

この記事の結論
  • マネーフォワードMEを利用して簡単に家計簿をつけることができます。
  • 生活費を把握すれば固定費の見直しに役立ちお金が貯まります。

家計簿を付ける過程に価値はありません。

なるべく、手間をかけずに続けることが大切です。
最初は 集計→手直し→集計→手直し となるかもしれません。

一度設定すれば、あとは自動です。
自分用にカスタマイズしていいと思います。

家計簿で重要なのは生活の収支の把握です。

✅純資産の計算方法を知りたい方はこちらの記事
【重要】純資産をわかりやすく解説!資産形成で純資産の赤字は危険信号

✅自分の年金を知りたい方はこちらの記事
【徹底解説】夫はサラリーマン妻は専業主婦で世帯の年金受給額は?

皆さんのより良い資産形成を応援しています。

~皆様の暮らしが少しでも良くなりますように~

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次